原状回復義務の物件でコストダウンを図る必要性

賃貸住宅で生活をする場合、いつかはその場所を出て行く事を考えておかなければなりません。引っ越しを繰り返したことがある人にはイメージすることができますが、賃貸住宅の場合には転居前に最後の交渉事が残っています。預け入れた敷金がある場合には敷金の返還交渉であったり、住宅に破損等が生じている場合には原状回復回復をどのようにするのかについて話し合いを行わなければなりません。賃貸住宅はあくまでも借り物であるため、退去の際にどのように対応するのかについては契約に基づいて対処しなければならないのです。入居するときに退去するときの問題についても考えておく必要があるのはそのためです。様々な契約の中には原状回復義務と言う文言が書かれている場合もありますので注意が必要です。

直さなければならないものと直さなくても良いものがある

原状回復義務と言う言葉には全てを元通りにしなければならないと言う響きを感じる人が少なからず存在しています。契約書にこのような文言が含まれている場合には、退去の際に元通りの状態にしなければなりません。しかしながら原状回復の中に含まれない要素としては経年劣化が存在しています。よほど特別な使い方をしているのでない限り、時間の経過により自然に劣化すると言う事は十分に起こりえます。そのような問題に対してまで新築同様に戻す義務が発生するわけでは無いのです。賃貸物件からの退去の際に少しでも修繕費の分担を図るために部屋をきれいにしようとする人がいますが、原状回復義務を超えるハワイのないようについては行っても行わなくても評価が変わる事はありません。壁紙等も汚れの有無にかかわらず全交換するものが少なくありませんので、必要以上に対応することは無いのです。

掃除によるコストダウンの可能性について

退去する前に部屋を掃除するという人は少なくありません。その理由としては少しでも多くの敷金を変換してもらったり、多少の汚れや破損があっても大目に見てもらうなどの対応を期待して行うと言うものです。しながらそのような清掃が原状回復義務に基づく費用のコストダウンにつながるかといえばそうではありません。ある程度以上の期間生活した場合には契約条項関する取材と言うものが存在しており、畳や壁紙等はその対象となっていることが少なくありません。これらは汚れの程度に関係なく全て交換すると言うことを前提としている契約ですので、多少きれいにしたとしてもあまり関係は無いのです。しかしながらきれいに掃除をして返却すると言うのは借りての最低限のマナーであり、円滑に退去手続きを進めるためには必要なものであるといえます。そのような手間の削減がコストダウンにも関連します。