原状回復こそコストダウンのチャンスです

原状回復とは、借りた建物を借り主と貸し主が元通りにすることです。つまり、最初の借りた時の状態に戻すことを言います。この原状回復をする時には、敷金を支払っていますが、資金を超えてお金が請求されることがあります。特に長年借りていたテナントの場合であれば、なかなか敷金だけでは返済することができませんので、どうしてもお金がかかってしまうと言うことになります。ですが、原状回復義務は必ずしも適切に判断されている訳ではありません。原状回復義務にかかる金銭がやたらと高い場合もあるでしょう。その時には、本当に業者が請求してくる原状回復義務が高いかどうかを第三者に見てもらうのがいいでしょう。第三者とは原状回復義務において全く関係がない会社の事で、専門的なコンサルタントなどがこれにあたります。

どうして請求金額が増えてしまうのか

原状回復を適切に行えばコストダウンを期待することが出来る所、適切な原状回復が行われていないことで、コストダウンができず、数十万円も無駄な出費になってしまうことがあります。これを適切に行うためには、まず、原状回復は借り主のみが負担するものではないことを知っておくことが意外と大事になります。あくまで借り主は借り主側が傷つけた部分や汚した部分を交換することになります。例えば、壁に何かをぶつけてしまい、そこだけへこんだとしましょう。この場合、その部分の壁紙が破れ、その下の石膏ボードまで穴が開いてしまったとすれば、それは故意による物であっても過失による物であっても、借り主が支払うべきです。ですが、壁紙などは貸しているうちに必ず汚れるものですので、貸し主もお金の負担をしなければならないのです。

コストダウンをするための第一歩について

貸し主は自分の建物ですので、普通は壁紙の料金の半分は負担することになっています。ところがそのような決まりがあることを知らずに借り入れをしている場合には、無駄が多くなります。ただ、一番の基本になるのは契約書です。契約書にどのような事が書かれているかを事前にチェックするのが一番いい考え方でしょう。もし、可能であれば、契約段階で専門家に来てもらい、その契約書は果たして妥当かどうかを判断してもらうのがいいかもしれません。敷金について原状回復に関する定めが載っていますので、それを見ることでコストダウンを図ることができます。最近のコンサルタントは、競争が激しくなっていることから成果の出ないコンサルタントはしないはずです。成果が0ならば料金をもらわないと言うところもありますので、色々な業者について調べて見るのがいいでしょう。